熊本県内を重点的に施工中〜悪質業者ご注意!! -2016.12.30-

 現在、熊本県内を中心に工事を行っております。
 H28年6月に熊本営業所を開設していらい、半年で50軒を超える建物の沈下修正工事を行いました。益城町、熊本市東区、南区、嘉島町、甲佐町などを中心に行っております。

 現在、1軒の工事を行うとその周りから数件のご依頼がある状況が続いておりまして、お待ちして頂いているお客様には大変ご迷惑をお掛けしております。1軒1軒丁寧に、確実に工事を行っておりますので、少々お待ちくださいませ。
 なお、お近くで弊社が施工した物件が多数ございますので、是非とも直したお客様に、弊社の評判をお聞き下さい。また、弊社にて施工した物件を御案内しますので、是非ともご連絡下さい。
 他社と工事内容、金額、出来栄え、保証内容を比較して頂ければ、弊社の価値は理解していただけると確信しております。

 弊社の施工実績を合わせてご覧いただけると有り難いのですが、以下のような案件も行っております。
 30cm近く沈下した布基礎の沈下修正
◆1m2あたり5tを超えるような重量構造物の沈下修正
 50cm以上沈下しているベタ基礎のお宅
ぁゞ箙圓侶物を営業しながら沈下修正
ァ〃本県内の大手ハウスメーカーさん数社の依頼
Α.▲-トに住みながらの沈下修正の実績
А|漏笋譟空洞化した建物直下の充填多数あり
─々場や倉庫の土間の不等沈下の修正多数あり

 なお弊社では、給排水管の切り離し・復旧や、土間、タイル、外壁の補修、クロスの補修等、軽微なものは無料で直しております。お近くで直したお宅があれば、ご覧になってください。



 つぎに、近くで行っていた、悪質な工事をご報告させていただきます。

 まず、基礎と土台を切り離して工事を行うプッシュアップ工法ですが、この工法は基礎と土台を固定するアンカーを切断している業者がおりました。このアンカーは、地震時の横揺れや台風などの強風に耐えうるように設置しておりますので、絶対に切断してはいけません。溶接して復旧するなどももってのほかです。建築基準法にも違反していますので気を付けて下さい。

 コンクリートブロックを杭のように使う業者も悪質です。コンクリートブロックが接合していないので、折れた杭のようになるだけです。これでは地震動における水平荷重には全く効果ありません。また、まっすぐに基盤層まで圧入できるはずもなく、すぐに曲がってしまうとともに、コンクリートブロックを3mも圧入できません。これは、周辺の摩擦力が高くなり、建物の荷重が小さいため、すぐに建物が上がってしまうからです。また、油圧ジャッキの圧力が高すぎて、基礎にヒビが入ってしまいます。
 まず、コンクリートブロックを基盤層までまっすぐ圧入するという業者は嘘ですので、横浜グラウトまでご報告下さい。弊社で現地を確認し、証拠をつかんだうえ、弊社のブログに実名で公表したいと思います。

 すでに千葉県内でお客さんをだまして工事を行っていた、悪質な会社数社を実名で公表しております。レフトハウジング及び株式会社西川はどちらも、液状化対策といいながら、少しばかりの薬剤を注入していた会社であり、20万円程度の工事にて100万円の工事金額を受け取っていた会社です。その100万円は千葉県からの補助金となっており、実質の住民負担は0円として集客を行っていた、もっぱら補助金をあてにしていた会社です。
 
 きちんとした工事を行い、適正な料金を請求し、きちんと保証を行う会社ならば私は何も言いませんし、むしろやっていただきたいです。そうでない、インチキな仕事や、不当請求を行っている会社、保証もしないでやり逃げの会社など、私は絶対に許しません。

 また、ウレタン注入を行っている会社も、苦情が多くて立ち行かなくなり、計画的に会社を潰し、会社名を変えて熊本県内にて営業しておりました。このような会社もありますので、皆様、どうぞお気を付け下さい。
 
 弊社では、他社にて行った悪質な工事に対する情報を受け付けております。情報もお待ちしております。


横浜グラウトへ戻る >>







search this blog.

selected entries

categories

archives

mobile

qrcode