熊本県内に配られている悪質なチラシに注意!! -2017.10.08-


 現在、熊本地震による宅地復旧工事(建物基礎沈下修復工事)において、悪質な業者がチラシをポスティングし、勧誘を行っています。これらのチラシを撒いている業者は詐欺まがいの業者と思ってまず間違いないです。

 詐欺を行う会社の手口の常套手段です。
 チラシを撒いている業者は、東日本大震災による液状化被害が大きかった浦安市など復旧工事にて、見たことも聞いたこともない名前ばかりです。
 また、ビラに書いてある内容は立派ですが、全く実際が伴わないのでタチが悪いです。10年保証をやるといっても、しばらくすると会社を計画的に潰します。ホームページの内容も変えたり、削除したりするので、千葉では泣き寝入りの方が多いです。

現在ビラを配布している業者は、
〃本地震以降にやり始めた業者
浦安市内で評判が悪く、計画的に名前を変えて営業している業者
7本県内を主張する会社


 こういった業者は、補助金が絡むと出現し、補助金がなくなると潰します。
皆さんくれぐれも気を付けて下さいね。

また、千葉県内で1500件の実績とか言っている業者は、計画的に作られた子会社です。何故子会社に実業務をやらせているのかを考えれば分かりますよね。

 弊社は口コミのみで、熊本県内ですでに150軒を修正し、現在もお待ちいただいているお宅が50軒以上あります。また、見積もり依頼も多数いただいておりますので、ビラ等による勧誘の必要性もありません。
また、現在、益城町を主体に活動しておりますが、弊社の活動地域内にて他社をほとんど見る事も無いですし、益城町で最も採用されている工法となりました。もちろん、熊本市、嘉島町、甲佐町、御船町、西原村、菊陽町、南阿蘇村等からの依頼も多いです。(熊本県内実績表をご確認下さい。
 
 チラシをポスティングしている会社は、お客さんの評判が悪く、口コミで繋げられないのです。
 また、沈下修正を行ったものの、再沈下している例が多いと、報道でありましたが、全くもってその通りです。それらの業者は修正の知識の欠片もない、素人同然のバッタもんだからです。


 弊社は中越地震から業務を行っており、すでに13年、ただの一例の再沈下もございません。地盤強化を行いながら、建物の沈下修正を行うという、弊社独自の特許技術であるハイブリッド工法は、決して他社で真似ができるような工法ではありません。同じとか、同様なとか言っている業者の仕事を、たまに見に行きますが、あまりにお粗末すぎて、同じとか言ってほしくない仕事ばかりです。特許侵害と言うよりは、弊社と同様と言いながら工事を受注している営業妨害者、詐欺会社ばかりでした。
 今後も被災者の方々を騙すような行為を行う会社は徹底的に監視し、場合によっては訴えていくつもりです。
 悪質な会社にて施工し、再沈下してお困りの方の情報をお待ちしております。


横浜グラウトへ戻る >>







search this blog.

selected entries

categories

archives

mobile

qrcode